fc2ブログ

ドラセナの蕾その後

ドラセナの蕾のその後

伸びた・・・!

2019-05-21-s.jpg

水滴に見えるのは自然にでてきたもの
多少の粘り気あり






仕事してると後ろから
ヘソ天で寝てる猫の寝息…というか
イビキが聞こえてくる幸せ❤️(*´ω`*)

2019-05-19-1-s.jpg


幸福の木に花の蕾

最近ちょっと元気がなくて気になっていた
ドラセナ(幸福の木)にいままで見たことないものが

2019-05-12-1-s.jpg


これどうみても蕾!?

2019-05-12-2-s.jpg


確か十年とか十数年に一度花が咲くと聞いた覚えが・・・
購入したのは8年くらい前だけど
最近少し葉っぱの色が黄色くなってきて弱ってるように見えたので
まさか花が咲いたら枯れちゃう?と、心配になり
Twitterに上げて聞いて見たら
やはりこれは蕾だと言う人が何人も
竹みたいに咲いたら枯れるというわけじゃなく(笑)
花が咲いたあとも元気に生き続けられるらしい


少し根詰まり起こしてたから弱ってきたのはそのせいかも
・・・ということで、蕾があるので迷ったけど
少し大きめの鉢に植え替えてみた
これで元気になるといいな
そしてどんな花が咲いてどんな香りがするのか楽しみ✨
みんなが言うにはけっこう強い香りらしい
結果はまた後日(*´▽`*)







ふう、元気になってきてます

お気に入りの場所でひなたぼっこ
2019-05-08-2-s.jpg


ガラス越し、網戸越しに風を感じたり
青空を見上げて飛んでいく鳥を見たり


目力もこのとおり戻って、いつものふうの目です(o≧∀≦)
2019-05-08-4-s.jpg


ちょっと痩せて本来の猫の身繕いに(笑)
以前はお腹がもうちょっと太ってて届きにくかったりしたのです💦
2019-05-08-5-s.jpg


せくしーポーズ❤️
手術でハゲてたお腹、傷はすっかり消えて毛も生えてきました
前足のブーツみたいだった、点滴のためにカットした毛も伸びてきました
上を見てるのはヘリコプターの音が気になって
2019-05-08-1-s.jpg


まだ注射は毎日続くけど、ふうは元気です
スマホに頭突きしてきたためこんな感じに・・・
2019-05-08-3-s.jpg
ツイッターでハッシュタグのついてる
「猫の写真へたくそ選手権」に参加できそうな写真になりました(o≧∀≦)









平成最後の桜の忠霊塔

先月、久しぶりに富士吉田の忠霊塔(のある山)に登ってきました
10年くらい前までは地元の人たちだけの隠れた名所だったのですが
ネットで広まり、いまは海外からの観光客がものすごい場所です(⌒▽⌒; )

入り口、神社にお参りして脇にある道から登ります
2019-04-13-1-s.jpg


少し登って振り返ると鳥居の中に富士山
2019-04-13-2-s.jpg


登るには2つのルート  約400段の階段を選ぶか
2019-04-13-5-s.jpg


スロープを選ぶか…一見楽そうに見えますがかなり急勾配です
2019-04-13-3-s.jpg


途中の道からも絶景が望めます
2019-04-13-8-s.jpg


忠霊塔に到着 富士山と忠霊塔とのコラボポイントはもう少し上です
2019-04-13-10-s.jpg


有名な撮影ポイントで撮るには行列に並ばねばなりません
混んでる時は(だいたいいつも混んでるようですが)
20名ずつくらいの5分交代制となってます
2019-04-13-11-s.jpg


有名になった富士山と五重の塔(忠霊塔)と桜
2019-04-13-12-m.jpg


こちらのほうが五重の塔がちゃんと五段に見えます(笑)
2019-04-13-13-m.jpg

昔に比べて道も手すりも整備されていて登りやすかったです


「ポケモンgo」のホウオウとのコラボで縁起物っぽく✨
2019-04-13-15-s.jpg


もう一枚
2019-04-13-16-s.jpg

ほかの撮影してるかたがたの邪魔にならないように
絶景ポイントから少し外れた場所で
ポケモンと富士山と忠霊塔のコラボができました❤️

久しぶりに行った忠霊塔でしたが
変わらず絶景で美しかったです✨
海外からの人も多かったものの、みな整然と並んで
撮影ポイントでは、お互いに譲り合って撮れるようにしていて
とてもいい雰囲気でした
駐車場(有料)は数カ所ありますがちょっと離れていたりするので
車で行くかたは神社に着くまで少し歩くことになります
まあ、最寄りの駅からもちょっと離れてるので結局歩くんですが
いい運動になると思います
ちなみに翌日の筋肉痛になるほどの場所ではないので
気軽に行ける名所とも言えます









«前のページ | ホーム | 次のページ»